ゴールドメダルキッズ

ゴールドメダルキッズ

ゴールドメダルキッズ

言語・文化・リーダーシップスキル

ゴールドメダルキッズとは、スポーツを土台とした、国際的な言語、文化、そしてリーダ ーシップや技術の交流を目的としたプログラムです。

このプロジェクトは、プロスポーツ選手、オリンピック選手やスポーツクラブの会員らによって提案されました。

カール ウィリアムとは

カール・ウィリアムとは、ゴールドメダルキッズの創設者であり、米国空軍、IBMソフト ウェアの開発者を経て、災害復興のコーディネータとして活動している人物です。2013年 に東京が2020年のオリンピック会場に選出されてから、スポーツを土台にした非営利組織 のゴールドメダルキッズを設立しました。 ゴールドメダルキッズの最初はダラスで設立され、その後テキサス、東京となっており、

全て、民間の方々の物資支援を地域の慈善事業に対して提供される事によって米国をはじ め世界中で成り立っています。 東北の大震災以来、ウィリアムは全て一日でも早い復興の為に資金的援助も行い、そして 生活必要物資の提供・供給に従事しました。日本で復興コーディネーターとして活動する 間、彼は緊急対策マネージャーであり、国際直接救助という米国で最大の非営利薬剤関連 団体の責任者でした。彼の在任期間中、Worth Magazine雑誌にて米国内にて100の優良な 慈善団体の内の一つとして取り上げられ、フォービス誌ではその効果を99%と高評価を得 、革新的な非営利組織としてピーター・F・ドラッカー賞も授与しております。

ウィリアムは日本の3県を超え、250団体以上の救済団体の設立の指揮をし、災害による巨 額の寄付金を運用・管理しました。

東京タスクフォースを支援する